業種ごとの特徴

careerup

今,転職を考えている人の中には,新卒時につい企業ブランドに走ってしまったり,仕事の中身自体より給料か高く休みの多い企業を選んでしまったような人も少なくないだろう。

その結果,自分と仕事の内容がまったく合わず,面白くなくなってしまうのだ。

やはり,企業を選ぶには仕事の内容を把握してから選びたいもの。

同じ失敗を二度と繰り返さないように,業種別の仕事内容を確認してみよう。

●電機・エレクトロニクス業界

この業界はさらに家電(一般的な家庭用電化製品),重電(発電機などの大型機器),半導体,コンピュータ・OA,OA機器販売,通信機器などに分けることができる。職種的にも,製品開発からSE(システムエンジニア)・顧客サービス向けエンジュア(カスタマーズエンジニア),営業・販売までさまざま。

●金融・保険業界

経済の根幹を支える基幹産業であり,不況にも強い。分野としては銀行,証券,保険,ノンバンクなどがある。仕事は事務,営業職がある。

●不動産業界

土地,建物の売買のほか,中古住宅の仲介,賃貸住宅,大規模土地開発などの分野がある。営業のほか,企画開発,設計技術などの職種がある。

●建設業界

人手不足が続く業界。分野としては,建設・土木事業,住宅,建材販売などに分けられる。建設・土木事業を中心に行っている企業では建築技術者,住宅や建材販売の企業では営業の中途採用が多いようだ。

●自動車業界

自動車業界は,メーカー,部品メーカーとディーラー(販売会社)に分けることができる。メーカーでは技術者,ディーラーでは営業職が採用の中心となっている。自動車市場自体は伸び悩んでいるが,メーカーや部品メーカーでは特にエレクトロニクス関連の人材が求められている。

●晴報サービス・通信業界

情報サービス分野では,SE,営業職などの職種がある。しかし,一時期よりも要求される能力水準が上がっているようだ。通信業界は,携帯電話などの市場が急テンポで拡大しているため,技術者と営業担当者の採用が盛ん。

●流通業界

慢性的な人材不足職種である販売職をはじめ,店舗管理,店舗開発,商品開発,店舗指導員などの職種がある。また,大手企業では海外進出も盛んで,海外経験のある人材を求める動きもある。

●物流業界

物流業界は大きく陸運,空輸,海運の3分野に分けることができる。陸運はドライバー,営業,SEなど。また空輸ではSEや海外経験のある人材を求めている。

(続く)