無計画に転職してしまう人たち

careerup

恨み事や職場への不満が募り,転職に踏み切る人は多いが,実際に職場の人間に相談をするといったケースは意外と少ない。

また,社会に出て成功するのに重要なものは,個人の努力であるといった意見が多いが,自分自身の努力だけではよい労働環境が得られるとは限らない。

いちばん肝心なのは自分の都合と会社の郡合を,職場の人間とよく話し合うことである。

まとめてみると,私たちの勤労意識が,企業中心でなく仕事中心,生活中心に変わってきたこと。

それに,企業側に中途採用を重視するという下地ができたことが加わって,「転職」をめぐる暗いイメージが払拭され,積極的な行動として一般に受け入れられるようになったのだということがいえる。

とはいっても,「転職」はあくまで自分に合った職種や職場,自分が求める待遇や地位を得るために行うもの。

つまり,快適な人生を送りたいという目的のための手段だといっていい。

先に「転職」が社会的に認められてきたといったのは,こういった目的のための転職のことなのである。

一方で,現状に漠然とした不満を持っているだけで,無計画に転職してしまう人たちも多い。

後でも述べるが,こうした転職はまた次の転職を生み出してしまう結果となることが多い。

たとえ,現在の職種が自分に合わなくても,そこで`自分の力がうまく発揮できない人は,職場が変わっても同じであり,企業はこういった人を採用することを非常に嫌うし,当然,社会的には評価されないのである。

(続く)