資格を取得して独立転職

careerup

転職は企業から企業へというパターンに留まらない。

公認会計士などといった国家試験をパスして,個人事務所を開設するといった独立転職の道があるのだ。

ただし,独立してやっていけるほどの資格を取得しようとすれば,かなり本格的な勉強が必要。

しかも,受験資格に実務経験が必要なものが多いため, しっかりした計画を立てる必要がある。

例えば公認会計士を取りあげてみよう。1次試験は2次試験を受けられる程度の学力があるかどうかを試す試験なので除外する。

2次試験に合格すると,まず会計士補として公認会計士の仕事を補助することができ,この会計士補で3年間実務経験を積まなければならない。

それから3次試験に臨むわけだが,合格率は低く,すぐに資格取得とはいかない。

また,試験をパスして無事に資格を得られたとしても,顧客の確保などの問題があるため,すぐに開業することは難しいのである。

あらかじめ知り合いの公認会計士などに聞いて,現実的な人生設計を立てるべきだろう。

資格はある意味ではあなたの実力の証しとなるもの。

よい就職のためにはやはり不可欠だろう。

(続く)

>>>エグゼクティブの転職ならeボード