転職者の企業選びの基準

careerup

転職者はどんな基準で企業選びを行っているかということに焦点を当ててみよう。

意外にも,給料や勤務時間といった侍遇を問題にするよりも,「仕事や会社に将来性がある」や「専門能力や特技が生かされる」といったやりがいが大きな比重を占めているようだ。

「実力主義」や「社風がいいと思った」などといった回答からも自分の実力を試したいという転職者の意気が伺える。

また,「出向・異動が少ない」といった回答などから自分の生活を重視した企業選びという特徴が表れている。

転職者は何を求めて転職するのか。サラリーマンから農業へ転業する人が増えているように,ライフスタイルの変化が,転職ブームを助長している。

趣味を仕事にしたり,仕事よりも私生活を重視するといった,自分の時間を大切にするスタイルが潮流になってきた。

今や会社に重点を置くといった感覚は薄れている。

雇用者数は年々減少し,その労働を埋める分,残業が増える。

私生活を優先する考えから,同業種よりも異業種へ転職するという風潮が濃くなっている。

(続く)