資格を取ってステップアップ

careerup

転職を希望する者にとって,仕事の経験は大きなセールスポイントとなる。

これは逆にいえば,就職して1-3年の人にはこれといったセールスポイントがなく,自分を高く売ることができないということになってしまう。

これでは,転職でステッブアップすることなどは,夢のまた夢。

そこで,経験に匹敵する強力な武器を身に付けなければならないだろう。それが資格だ。

とはいうものの,現在日本には数多くの資格が存在し,そのどれもが転職に有効に働くとは限らない。

いったい,私たちの転職に有利になる資格はどれだろうか。

また, どんな資格を持った人聞を企業は求めているのだろうか。

企業が求める資格は,その業種によってかなり異なる。

しかし,現在は業種のボーダーレス化がかなり進んでおり,業種を超えて必要とされる資格が出てきたことも確かだ。

例えば,大企業になると,メーカーでありながら大きな財務部門を持っている場合が多く、その場合は証券アナリストなどといった資格が重視される。

システム開発会社ならば,企業の経理部門のシステム化といった仕事が多いので,経理関係の知識は欠かせない。

また,経済の国際化という観点から見れば,語学関係の資格はどの業種においても必要不可欠だといえるだろう。

(続く)

>>>エグゼクティブの転職ならeボード

資格を取得して独立転職

careerup

転職は企業から企業へというパターンに留まらない。

公認会計士などといった国家試験をパスして,個人事務所を開設するといった独立転職の道があるのだ。

ただし,独立してやっていけるほどの資格を取得しようとすれば,かなり本格的な勉強が必要。

しかも,受験資格に実務経験が必要なものが多いため, しっかりした計画を立てる必要がある。

例えば公認会計士を取りあげてみよう。1次試験は2次試験を受けられる程度の学力があるかどうかを試す試験なので除外する。

2次試験に合格すると,まず会計士補として公認会計士の仕事を補助することができ,この会計士補で3年間実務経験を積まなければならない。

それから3次試験に臨むわけだが,合格率は低く,すぐに資格取得とはいかない。

また,試験をパスして無事に資格を得られたとしても,顧客の確保などの問題があるため,すぐに開業することは難しいのである。

あらかじめ知り合いの公認会計士などに聞いて,現実的な人生設計を立てるべきだろう。

資格はある意味ではあなたの実力の証しとなるもの。

よい就職のためにはやはり不可欠だろう。

(続く)

>>>エグゼクティブの転職ならeボード

入社7年目のパワーアップ転職

careerup

入社7年目といえば,企業では中堅社員といったところ。第一線でバリバリ仕事をこなしている時期である。

実は,企業が中途採用の募集をするにあたっていちばん求められているのが,この入社7~10年前後の,管理職として働くことのできる人材なのである。

このくらいになると,仕事上の各専門分野に対する正確な知識や技術の他,人材管理能力や適応力など,すべてにわたって高い能力が要求される。

だが一方で,年齢とともに増す家族や社会に対する責任といった問題もこの世代の人々には見逃すことができない。

家族との時間を大切にしたいために忙しい大企業を離れ中小企業に転職する例や,年老いた両親の面倒を見るために地方の企業へ転職する例などが多いのもこの世代である。

つまり,自分の都合だけでなく,周囲のことを考えて仕事場を選択しなければならないのだ。

一見窮屈のようどが,仕事一本ヤリでなく家族や自分の時間を大切にするようになった最近では,こういった転職は徐々に増えていくだろう。

(続く)

入社4年目のステップアップ転職

careerup

ようやく,自分の関わる仕事についてひととおり理解し,自分のまわりを冷静に見つめられるようになる時期だ。

それゆえ現時点での自分の状況に不満を持ったり,より高度な仕事と高い待遇を求めだすのもこの頃。

受け入れ企業のほうも,一つの仕事を3年間こなしているということで,経験者として対応してくれるはずである。

しかし,より大きな企業,待遇のよい企業へ転職したいのなら,3年間の経験だけでは物足りない。

実際,大企業への転職は完全な買い手市場で,ときには倍率が100倍といったケースも見受けられるなど,新卒入社よりも難しいといわれているのが現状だからだ。

そこで,3年の経験プラスアルファが必要になる。たとえば,語学に磨きをかける,仕事に関係した資格を取得するなどだ。

ただ,明確な目的のある場合を除いて,長期の留学経験をしてキャリアアップしたいと考えている人はちょっと待ってほしい。

現在,毎年の留学生数は,10年前の10倍といわれるほど増加している。つまり,よほど強力な資格(たとえばMBAなど)を取得しない限り,留学経験は転職にプラスには働かないのだ。

それよりも現在の仕事をより充実させ,実際のスキルを高めることのほうが重要である。

(続く)

将来設計を練る:入社1年目の第2新卒転職

careerup

転職は両刃の剣だという考え方がある。

つまり,積極的にキャリアアップを目指すなら,転職ごとに待遇がアップして自己実現へ確実に近づくことができるが,「職場の雰囲気がきらい」とか「仕事が合わない」といった消極的な理由で転職を繰り返すと,そのたびに待遇も仕事内容も落ちていってしまうのである。

そんなことにならないようにするには,やはり将来を見越した人生設計が大切だろう。

たとえば,転職にとって年齢の問題はかなり大きな条件となる。

20代前半の,いわゆる第2新卒と呼ばれる人たちの中途採用の需要はかなり多く,実務経験などよりもやる気が重視されるが,20代後半から30代になるとやる気だけで採用する企業はほとんどない。

年齢と中途採用者に要求されるスキルは正比例するのだ。

また,独立開業を考える人は,なおさら真剣にプランを立てなければならない。資格や免許の取得,仕事に関する人脈や情報源を広げなければならないからだ。

転職がどんなに一般化しても,人生の中で大きな転機となることに変わりはない。この転機をうまく利用してステップアップを図るには,しっかりした将来設計が必要なのだ。

ここでは,いくつかの違ったパターンを例に挙げて,転職とそれを中心にした人生設計の立て方を見てみたいと思う。

・入社1年目の第2新卒転職

すっかり一般的に定着してしまった「第2新卒」という言葉。当初は入社1年目で最初の企業を辞めてしまう人たちのことを指していたが,最近では言葉の範囲が広がり入社後2年くらいで辞めてしまった人も指すようだ。

この時点では,キャリアなどはまったく売り物にならない。通常,3年程度の実務経験がないと経験者とはみなしてくれないからだ。

だが,逆に第2新卒の場合はその年齢がウリになるのである。新卒者だけを相手にしていては人材確保が容易でない中小企業などでは,第2新卒者はかなり優遇されているといってよいだろう。

だが,需要があるからといって,新卒のときのようにいい加減な企業選びをしてはいけない。第2新卒転職で失敗してしまいもう一度転職するとなると,2度目の転職はかなり苦しい。

新卒のときの失敗を噛みしめて,慎重な会社選びを心がけたい。

企業によっては,第2新卒者を次の年の新卒者と同じ4月から働いてもらおうと考えるところや,新卒者の募集と同じように5~6月から募集をしているところがあるので,この時期の就職情報誌はこまめにチェックしたい。

(続く)